私は結婚したのが遅くいわゆる『いき遅れ』だったので、独身時代が非常に長かったです。 でもいつか結婚したいと思っていたので、仕事が休みの日には料理教室に行っていました。 普通の食事だけでなく、パンも習っていてとても気分転換になって楽しい習い事でした。 そんなある日、私は友人の紹介で主人に出会いました。 何気ない会話の中で「休日は料理教室に行っています」と言うと、明らかに主人の顔が変わり一瞬喜んだのを私は見逃しませんでした。 そこからよく会話の中に「この前はこんなメニューを作った」とか「こう言う料理は好きか」などいろいろ聞いていき、それが良かったのか徐々に結婚を意識してくれるようになって行きました。 やはり男性は料理のできない女性よりもできる女性の方が良いのだと、私は確信しています。 これから良い出会いを探そうと思っている女性はぜひ趣味は『料理』と言えるように勉強しておくと良いと思います。 料理教室に行かなくても、自宅である程度料理をしていると言うのもポイントが高いと思うので、頑張ってください。