喘息という病気はとても苦しいものです。近年、テレビで中国の大気汚染について報道を頻繁にしていますが、こういった大気汚染というのは喘息にも大きく関わります。 空がオレンジ色になって数十メートル先が見えない状態というのはいつの時代だ、すごい光景だなと思いながらテレビを見ていました。 中国という国は大きいだけに全てがこんなに大気が汚れてるという事はありませんがこういった汚染された場所に毎日、通勤して集まるというのも凄い事だなと感じます。 日本だったら東京の一部であれだけ大気汚染されている場所があれば大きく報道され多くの人が近寄らずに自分の職場には選ばないように感じます。 大気で喘息をおこすというのは大気中のチリみたいな物が喉につまったような時に瞬間的に喉が痛く苦しくなってそのまま喘息の症状がおこり呼吸が苦しくなるという感じです。 他の要因も多いですが、大気汚染も影響力が強いという事は喘息でない人も喘息で苦しんでいる人の姿を見たら一緒に環境の事も考えてほしいと思います。