小学生になった娘に、ピアノを習わせることにしました。単身引越し 最安

幼稚園時代、音楽の好きだった娘ですが、 まだ音符も読めず、ピアノも弾いた事ない娘が、 なんとなくのノリで、 「チューリップ」の曲を、 でたらめのドレミで歌った所、 ピアノをすでに習っているお友達に、 「全然違うよ!」とからかわれ、 「ピアノは絶対習わない!」と言いました。キャラクターケーキ 激安

私はピアノを習っていたので、 娘が音楽が好きな事は分かりました。

からかわれて、恥ずかしくて、 だけど、多分ピアノ、習いたいのではないかと思い、 否定も肯定もしませんでした。

小学生に上がり、 娘がとあるショッピングモールの楽器店でピアノをみて、 恐る恐る近づき、ポンポンと指で弾きはじめました。

その夜、 「ピアノ、習ってみたい?」と聞くと、 少し考えて、頷きました。

それからはご近所のピアノ教室は評判が悪く、 だからと言ってグループレッスン主体の音楽教室は、 伸びにくい事もしっていたので、 一ヶ月、色々な先生を探しまわりました。

今はバスで行く所ですが、 とても音楽を愛する先生の元で、 楽しくレッスンを受けています。