自動車に乗っている方であれば知っていると思いますが自動車税という税金の納税義務があります。http://www.world-hit.com/henzutu_sapli_kanpou/

そしてこれは手放す車売却の際に一般的に返還されるものなのです。収れん化粧水

このことは本当に実行したら頭に入ってきますが、これから一つずつ流れを簡単に紹介していきます。PCマックス

念のため記載するならば日本で作られている自動車のみに限らず外車でも税金が還ってくる範囲に決まってます。

所有車などもそうですね。

自動車税という税金は自動車を所有する人が支払うお金なのですが、この金額は自動車の排気量の大小で規定されています。

1リッター以下なら29500円で1リッターから1.5リッターの場合34500円です。

これからは500ccごとに5000円ずつ増加します。

また自動車税は4月1日現在のの所有者が年度内の金額を納めるという決まりになっています。

事前納付になるのでもちろん自動車を売ってしまってオーナーでなくなったケースには先に払った分の税金は還ってくるということです。

自動車税というのは先払いで来年3月までの自動車税を支払うので、年度内に愛車を買い取ってもらった場合には入れ替わった保有者が自動車税を納めなければいけないのです。

買い取った相手が中古車買い取り専門店でしたら、買い取り時に前払いしている分の税額を返金してもらえます。

つまり所有権が移転された瞬間以後の自動車税は権利が移った保有者が支払い義務を負います。

例えばあなたが10月中に車を売却した際は11月から翌年3月いっぱいまでの税金は返金されます。

というのも繰り返しになりますが自動車税という税金は先払いであるという決まりからも明らかです。

つまり前所有者は売却相手に税を返金してもらうということなのです。

個人的にクルマを売買する際に、何気にこのような知識に気づかない人がよくいるのでぜひ確認をとるようにしなければなりません。

自動車税がクルマの売却で返金されるということをほとんど知られていない事をいいことにその状況を説明しない悪質業者もあります。

こちらから税金に関しての話題を出さなければ、全然そのことに触れないという場合もよく見られます。

なので愛車の買い取りをお願いする際には自動車税が返ってくるかどうかをチェックすることを忘れないようにしなければなりません。